トップページに戻る
太陽神

更新履歴


先頭に戻る

目次


第三章 日本

3-4天照大神の岩戸隠れ2013/ 7/16

先頭に戻る

第三章 日本

天照大神の岩戸隠れ

 日月神示の説く“五度の岩戸閉め”の内、一度目の岩戸閉めである伊邪那岐神と伊邪那美神の別離の次に閉じられたのが、“二度目の岩戸閉め”である【(あま)(てらす)(おお)(かみ)(いわ)()(がく)れ】です。

 ()()(よろず)の神々の最高神であり太陽神でもある天照大神の(あま)の岩戸隠れ”は、伊邪那岐神と伊邪那美神の“国生み”や素盞鳴神の()(またの)大蛇(おろち)退治”と共に極めて有名な神話であり、天界の危機と打破や神々の総動員という物語(ドラマ)性と相まって、必ずと言って良いほど記紀神話の名場面(ハイライト)の一つに挙げられます。

 ちなみに、この物語に登場する“天の()()が大本系統で使われる「岩戸」の直接的な語源になっており、日月神示の場合は夫婦神の物語の“千引()も語源に含めて良いでしょう。

 そして、大本系統の(しん)()では天照大神の岩戸隠れに対して非常に特殊な説が展開されているので、本節では“岩戸隠れの霊的な意味”を中心に論じます。同時に、

「岩戸とは何か?」

という点についても少しだけ考えてみます。

 なお、“岩戸隠れに到るまでの物語”も本節で触れることになりますが、そのことに関する簡単な注意点も記しておきます。

 日月神示の創世神話は厳密には夫婦神が別離した()(びき)(いわ)の場面で終わっていますが、()創世神話”と呼んでも差し支えのない記述は少しだけありますので、本節でも千引岩と天の岩戸の間を繋ぐ物語の一つとして解説します。

 また、日月神示の神話論の大半は伊邪那岐神と伊邪那美神の関係に集中しており、他の神話は断片的にしか言及されていません。そのため、本節では断片的な部分への(まと)まった言及がある『伊都能売神諭』を引用して、岩戸隠れまでの物語を補完する場合が多くなります。

 ただ、記紀や日月神示の内容と伊都能売神諭の内容は完全に同じではなく、伊都能売神諭も『大本神諭』や『霊界物語』とは違っている部分が少なくないので、その点には御注意ください。

先頭に戻る


トップページに戻る